<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Amigo Orange.

サークルズまわりで高い使用率を誇るPaul Component。

僕もカンチブレーキはPaulの物を使っています。
(先日の紳士レースから帰還した直後の写真で汚いですが)

今回は、限定カラー"Amigo Orange"のブレーキが入荷しました。

Paul Component



カンチの場合は、フロントには制動力重視のNeo-Retroで、
リアはステーへのストレスを考慮してTouring Cantiという
組み合わせがお勧めです。
さらに制動力を求める方にはMini Motoをお勧めします。


その他カラーもズラリと揃っています。

特に、Neo-Retro,Touring Cantiをお使いの方は、
こんなものもあります。


Paulのカンチブレーキに合わせて作られたアジャスターボルト。
細かい調整がしやすくなります。


いわゆるカンチブレーキのチドリです。
是非こちらも一緒に使って下さい。かっこいいので。


Parts! | permalink | - | -

シングルスピードレバー特集。

店頭、Webshopともに安定の人気を誇る、
TRPのシングルレバーが再入荷しました!

TRP "RRL SR Single Speed Lever" ¥9450


まだ記憶に新しい、NAHBS2012のHunterブースで一際目立っていた
Plain Drifterにも装着されていましたね。

シンプルなBlackとGreyも再入荷しました。



クラシックとモダンの融合したクールなレバーです。
ゴツすぎないブラケットは手の小さいライダーでも握りやすく、
下ハンドルを握った時にもレバーがかけやすい形状です。
Integrated Cable Systemを採用し、内側のボタンを押す事で
ワンタッチでブレーキのワイヤーの張りを解除できるので、
ホイールの脱着も容易な優れもの。こういうギミック好きです。

もちろん、特集と銘打つくらいですので、その他にも色々あります。


SRAMのシングルレバーはタッチのフィーリングも良く、
Mini-Vブレーキとも相性が良いです。レバーは、
アルミ(ごめんなさい!現在品切れ中)と、カーボンがラインナップ。


こちらは隠れ人気のCanecreekのレバー。
スタンダードなブラケット形状で握りやすく、
どなたにも使いやすいモデルです。
ドロップ化したいという方で迷ったらまずこれだという、
おすすめしやすい値段も人気の理由ですね。


こちらは、SCR-5のコンパクトバージョン。
レバーがショートタイプになっており、手の小さい人にも扱い易く、
シクロクロス・ヒルクライムなどあまり下ハンを握らない
場合にも最適なレバーです。


この手のエアロレバーでは珍しいVブレーキ対応のレバー。
もちろんメカニカルディスクにも対応しています。
クロスにVブレーキを使われている方や、
マウンテンドロップにしたいという方におすすめです。

というわけで、ドロップ化したいという人や、
トラックをロードポジションで乗りたいなどなど、
レバーに関するご質問はお気軽にお尋ねください。

あさってはGood Morning Marketもありますし、
今週末も皆さんのお越しをお待ちしております!!

Parts! | permalink | - | -

むらさき、ムラサキ、紫。
ぱーぷる、パープル、Purple。
まっ、書き方、呼び方は、色々です。
色々な国で高貴な色として扱われ、虹の7色の1色だったりもする色。

自転車の世界では、一昔前、パープルブーム到来で、あれもこれもパープルだった時代もあったのに、気がつけば消えつつある昨今でした。

が、しかし最近、なんかいっぱいある気がします。
なので、ちょっと数えてみました。


PURPLE SELECTION
ss-IMG_0931.jpg
Chrisking   Head Parts
1" ¥15.540-
1-1/8  ¥15.540-
inset7 ¥16.800-

ss-IMG_0932.jpg
Chrisking BB Road or MTB 
 for shimano   ¥15.750-

ss-IMG_0933.jpg
Chrisking R45 Hub F&R set ¥67.200-

ss-IMG_0934.jpg
Chrisking ISO Hub 

ss-IMG_0935.jpg

ss-IMG_0936.jpg
Sugino 75crank  ¥24.360-

ss-IMG_0937.jpg

ss-IMG_0938.jpg

ss-IMG_0940.jpg
Kool Stop Break Pads  ¥1.360-

ss-IMG_0941.jpg
Profile Track HUB  ¥47.250-

ss-IMG_0942.jpg

ss-IMG_0943.jpg

ss-IMG_0944.jpg

ss-IMG_0945.jpg

ss-IMG_0946.jpg

ss-IMG_0947.jpg
Brooks Slender Leather Grip  ¥8.400-

ss-IMG_0948.jpg
Brooks  Leather Bar Tape  ¥7.560-

ちょっと数えただけなのに割とすごい数で、びっくりしました。

そしてなんとこちらの自転車は、
品の良い紫のあしらい方で、高貴な感じがします。

これだけそろえば、
ワンポイントからトータルコーディネイトまで、何時でもご相談ください。
むろん、赤、青、金、緑、橙、桃など他の色も、
まさに色々そろっております。

余談ですが、モモクロは、紫の”高城れに”押しだったりします。

それでは、週末お待ちしています。




Parts! | permalink | - | -

削るという作業は、おしなべて辛いと思う。

身を削る。
心を削る。
体重を削る。
鰹節を削る。
鉛筆を削る。
シノギを削る。
タイムを削る。

うん、もういいね(笑)
どれをとっても、辛い気がする。
でも、その先に生み出される物は、美しい物である事が多いと思う。
故に、このアイテムも美しいと言って間違いない。

Made in Whistler

そう聞くだけで、知ってる人々は、ピクリと反応できるはず。
世界で最高ランクのトレイルが広がる山々のあいだにある小さな町。
そんな町でこのステムは、コリコリ削りだされる。


落ち着いたアルマイトの質感と質実剛健な作りに好感を覚える。


いざ取り付けてみると、工具越しにしっかりとした作りが伝わってくる。
意外に聞こえるかも知れませんが、
こういう感覚が伝わってくる物は、あまりないのです。
この感覚は、最高の品質と最高のライドに繋がっていく物であり、作り手達の真摯な姿勢の賜物です。

ぜひ、みんなのバイクの一部分にでもこんな想いをのせてみたら如何でしょう?

少しだけ世界が変わるかもしれませんよ。


Parts! | permalink | - | -

 彼が来ています、名古屋に。

我らがボスの隣を歩く彼、CHRIS KINGの重鎮です。

そんな彼が、僕たちにお土産をくれました。
CHRIS KING  Special Color  PURPLE

品の良い輝きを放つ、再生産限定カラーの紫です。
昔のCHRIS KINGを知る人には懐かしく、
今のラインナップを目にしてきた方には新鮮なこの色。

今ならば、Circlesに置いてあります。
実物をご確認頂けます。
まだ、お売りする訳にはいかないですのですが、絶賛予約受付中です。
販売されるパーツとしては、
ヘッドセット、ハブ、ボトムブラケット等です。
(詳しくは、お問い合わせ下さい)
デリバリーの開始は、2013年年明け頃と予定されています。

個人的な感想でいけば、買っとくべきでしょうコレは(笑)

そんなわけで、こんな素敵な物を持ってきてくれた彼に恩返し?
日本のトレイルに連れ出してみました。
トレイルヘッドに2台のCieloが並ぶ姿は、壮観です。

ガタイのデカイ彼は、当然走りもワイルドです。

MTBの経験が浅い彼も、楽しそうに走っています。

先週行った時より紅葉が、進んでいて、色ずく葉っぱ達にちょっぴりセンチな気持ちになるのも良いものです。

見頃としては、来週ぐらいが真っ盛りなんじゃないかな〜〜。

この時期は、やっぱり山が最高です。









Parts! | permalink | - | -

Retroshift入荷!!

先日公開されたSim Worksのコンセプトムービー"RIDIN' BIRDS PASS HUNTING"、
もうご覧になられましたか?
フィルマーのRyota Kemmochiによる流れるような映像と日本の綺麗な風景が胸を打つ素敵なムービーです。Ridin' Birds Pass Hunting from Ryota Kemmochi on Vimeo.

たくさんのレスポンスの中、いち早く反応したのが、Retroshiftです。実際このムービーではGishiとIzuru(Daisy messenger/Sim Works)の二人がRetroshiftを使用しています。

そしてこのムービーの中にいくつか出てくるRetroshiftの正確な時間を一番早く答えたらRetroshiftの商品をゲットできるという企画をfacebook上でやっていました。

そんなRetroshiftが少量入荷しています!!

そして待望のフロントシングルモデルCX1nも入荷しています!!

Retroshift CX 1n / feldman Grey and Werle Red  10800yen 


こちらのCX 1nは左レバーにCXの文字、そしてシフト台座にはヤギのイメージが施されています。

なぜヤギかというと、

Retroshiftの正体はThe Goatsという男、なのでヤギさんです。

もちろん前後シフト用のCX 2nも在庫あります!!

以前の紹介ブログはこちら

ではお早めに!!


Parts! | permalink | - | -

Chris King Tools

ヘッドセット生産から始まり、ハブ、BB そして自転車フレーム(Cielo)と
「Total Component Company」として確立している Chris King
ひとつの社屋で生産する全てのパーツは
もちろん Made in Portland 

製造の過程で生まれる廃油なども、ろ過して再利用して
エコロジーが叫ばれる前に実施をしている会社であり、
屋内駐輪場からシャワールーム、貸し出し自転車、
通勤で走った距離分を食堂での食品購入クレジットに還元できたり、
走った分を有給に還元できるなど働く人達にとっても魅力な会社がChris Kingなのです。

そして、来月には恒例の「Gourmet Centuey Ride」が開催されます。


梅雨で雨が降り続け、追い打ちををかけ台風が上陸し、
なんともかんともならない日々が続いています。

Chris King に関しての紹介は何度か書いていますが、今回は、
この梅雨時をキーワードにメンテナンスの工具を中心に紹介したいと思います。

ここ最近 Chris King の使用率の増加にともなって、
Chris King のアフターケアについてよく質問をいただきます。
Chris King に限った話ではありませんが、
高水準のパフォーマンスを維持するためには点検、調整は欠かせません。

Chris King BB injector tool   ¥5670

Shimanoを始めとするTwo Pieceタイプのクランクが標準化になり、
クランクの脱着が非常に簡単になりました。
バブの回転と同様にBBの回転もパフォーマンスを維持する大事な生命線。


グリスガンを使用してグリスを注入すると、グニュグニュと古いグリスが
あふれてきます。(Sppedplayのグリスアップとよく似た感じです)
グリス注入の目安は、乗る頻度、天候などに関係してきますが、
おおよそ半年に一回ぐらい行ってください。

そして、この際BBを新調を予定されている方、
グットタイミングです。

Chris King BB (ceramic)  SHIMANO  ¥22050  SRAM  ¥23100
                                
セラミックベアリングは金属のベアリングに比べ軽量であり、
摩擦が少なくペダリング時の力の入力に対してベアリングのボールの変形がステンレスに比べ少なくてスムースです。長らく使用していたBBもそろそろ交換の時期に差し掛かっている方、これを機にグリスアップできるBBに交換されても良いのではないでしょうか?

Chris King External BB Cup Tool   ¥3780

こちらの工具は、トルクスレンチ 専用になっています。
カーボンフレームなど、近年の各パーツには必ずといっていいほど
ボルトの締め付け数値が記入されています。


カーボンパーツなど、感覚などで締め付けを行っている方も多いですが、
トルクスレンチで管理することによって走りの際に余計なストレスを抱えることなく走りに集中できます。この BB Tool は、Chris King 専用ではありませんのでSHIMANO,Campagnolo,SRAM とメジャーな物に対応していますので、Chris King 愛用者ではなくてもご使用いただけます。(工具からKingを始めるものいいですね)そして、工具好きな方には、こちらのBB Toolも是非工具箱に入れてもらいたいです。

Chris King Hub Corn Adjusting Tool   ¥4830

Chris King のハブ全般に言えることですが、
ハブの「ガタ」は、SHIMANO のようにダブルナットでハブ軸を固定しているものと比べるとややガタりやすいので Chris King ハブを使用されている方には是非ともひとつ持っていてほしい工具です。


こちらの動画で組み立て方が紹介されていますが、
非常に簡単にバラすことができます。


上の写真のように被せ、「ちょうどいいころ加減」まで締め付け、
最後に2本のアーレンキーで固定します。
(ピタっとガタらないようにするの難しいですが、徐々にコツを得られます)

少しずつ調整などできる箇所を増やしていくと、自転車の不具合など見えてきます。
全てを行うのは難しいかもしれませんが、ここまでは自分でやる、あとはショップに見てもらう。という具合にどこかで線引きをすれば、ショップに行くタイミングが計れるようになるかもしれません。今回ご紹介したことのサービスは店頭でも承っております。

「んっ、何だか最近ちょっと……」

その感覚を信じて下さい。ほんの些細なことかもしれませんが、
その逆もあったりします。その都度ショップに持っていくのが面倒で
お金がかかりますが、一度知ってしまえは、後は自分できてるもんです。

それが自転車を長持ちさせる第一歩ですから。


==SAL==
Parts! | permalink | - | -

わくわくどきどき

 来てますね、台風。わくわくしますね、不謹慎ですが。
無性に外にでたくなる。何なんでしょう、この感覚。

冷静に考察してみた結果、スリルが好きなんですよね。
ちょっとくらい危険な方が興奮するんです。

というわけで、好きですダウンヒル。

ダウンヒルというと、皆さん中々やってみようとは
思わないかもしれません。

一つに、やっぱり危ないというイメージがあること。
僕なんかは危険じゃなけりゃ楽しくない!なんて思っちゃいますが、
スピード出さず下れるコースもあるので、実は初めての人でも
十分楽しめるんですよ。

やってみたいなーって思ったら、僕に一声かけて下さい。
 
それと、皆さんが二の足を踏んでしまうもう一つの要因。
機材が高い! 

ShimanoのダウンヒルコンポーネンツといえばSAINTですが
1セット揃えると10万位とちょっと高価。

でもこれから始めたいと思ってる人に、出ました。
Shimanoのニュー・ダウンヒル/フリーライドコンポ、ZEE。

SAINTの弟分的存在で抑えられた価格設定。

クランク¥9,930 

登りなんて考えてないシングルギア。32/34/36Tの設定。


シフター¥3,100
 
フロント1枚なんで、もちろんリアだけ。
 

リアディレイラー¥6,350

対応ローギア最大28Tのダウンヒル用と、
36Tのフリーライド用がラインアップ。 
ライド時のチェーンのばたつきを防ぐチェーンスタビライザー搭載で
ストレス軽減。


ブレーキレバー¥12,190 ブレーキキャリパー¥10,210(片側)

この辺はちょっと高いと思うかもしれませんが、
強い制動力の4ピストンキャリパーなんでご勘弁を。

油圧ブレーキはオイルラインに空気が入ると
ブレーキとして機能しなくなり、
その空気を取り除くエア抜きという作業が必要になります。

Shimanoの油圧ブレーキには、オイルラインを一本道にする事により
キャリパー内に気泡をとどまらなくし、効率よくエア抜きが出来る
ワンウェイブリーディングという機構があり、
もちろんZEEのブレーキにも採用されています。


全体がマットブラックでまとめられていて、
カッコいいんじゃないですか。

もうすぐ来るであろう、僕のマウンテンバイクに付けようかな〜。


Tomoda








Parts! | permalink | - | -

Chris King No Thread Set

正直に告白します。

私が自転車業界に入って、間もない頃、
この「Chris King」という Headset に対して、
抱いていたのは、

「高価」「俺には必要ない」「何だっていい」

まあ、ガキでしたので、使いもせず、御託を並べ、突張っていました。
でも、心の中では知っていたのです。

「使い切る自信がなかった」と........

そうなんです。
この小ちゃいパーツに対して何故大金を払わなければならないのか?
若かった自分には分かりませんでした。

当時、DHバブル絶頂期。
私も富士見パノラマに毎週のように出かけ、
毎度毎度ヘッドパーツで悩まされていた過去があります。
一回下ることに、ヘッドが「ガタ」り、
(当時は、ヘッポコメカニックでしたので、ヘッドばかりが原因はないと思いますが)

いい加減愛想付かしたので、
人からの勧めもあり、
その「高価」なモノを使ってみることにしたのが始まりでした。

私は、遠回りをしてこの Headset にたどり着きました。
結果として、自転車屋としては、いい経験だったと思います。

「自転車を乗る」ということを考えた場合、
ストレスを感じなく普通に乗れるのがベストであるわけです。

Chris King に変えられる方の中には、高価だし、
何か劇的に変化があるのかと期待する方もいますが.....
期待しないでください。

重要なのは....... 例えば、こんな表現はどうでしょう。

「そういえば、この Headset に交換して結構時間が経つけど、
ヘッドのガタなど気にならないな〜」

あたかも King が付いているか分からなくなるこの感じが重要で、
ライダーの余計な心配をなくすのです。




そして、極めつけは、

10-year warranty」 10年保証です。

最近は、「110年保証」の Headset も存在しますよね?
正直自分が使うのであれは、
よりリアルな「10年保証」の方はググッときてしまうのは
私だけでしょうか??

110年後はもういませんから。(笑)


※Chris King のHeadsetに関する詳しい説明は、Webshop に記載してあります。
   写真したの商品名をクリックしていただくとwebshopに移行します。



==SAL==
Parts! | permalink | - | -

six hundred fifty B

何かと最近紙面を賑わしている,

「650B」ろっぴゃくごじゅうびー

古くから自転車を愛している方々は、
「ランドナー」でおなじみですよね、
そんな 650B のタイヤは、今まで限られた人のものでしたが、
近年 MTB 市場に650B の導入する動きが活発に見られ、
今年は MTB 650B 元年になる予感がしています。

先の「NAHBS」でも、各フレームビルダーが
積極的に650Bの自転車を展示していましたし、
各パーツメーカーも軒並み足をそろえるようにリリースされる予感。
(そこが、29er 創世記との違いです。)

新参者(ココではそう呼びます)に対して、
なかなか受け入れられないのは、すでに 29er で経験済み。
ここ日本も、29erの浸透するまでえらく時間がかかりましたよね。

やはり、流通が悪かったり、限られたメーカーでしか生産していないと、
浸透にも時間がかかってしまいますよね。
どうか、各メーカー、問屋さんには、新しい乗り物を定着すべく
しっかりと在庫を持ってください(笑)。

Cielo Mountainbike (X-Small/650B) ※写真は29er       ¥210000~

この Cielo の Mountainbike もご存知の方も多いと思いますが、
X-Small のホイールサイズは、650Bです。
つい先日、我々Circles のシゲ君も、
念願のCielo Mountain frame (Size XS/650B) をゲット!
今は、26inch wheel で乗っていますが、
近日 650B に変更予定お楽しみに。

そこで、最も重要となる、
リム、タイヤをご紹介します。

既に、26inch, 29er とリリースしていますので、
新しいモデルではありませんが、こちらのモデルは、
これまた、先の「NAHBS」でも出展し、この650Bを
MTB 市場に持ってきたお方 Kirk Pecenti (カーク ペセンティ)
近年は、自社 「Pecenti」ブランドで、タイヤ、リムの生産にも
着手し、NAHBS 会場でも彼の製品を数多くのフレームビルダーが、
使用していました。
リム幅も35mmとわりかしワイドで、重量も、約580g と
計量に仕上がっています。

そして、リムが決まったらお次は‥

こちらのタイヤは、26inch MTB をお乗りの方なら
一回は使ったとこがあるくらい有名な、John Tomac Signature の

「Nervegal」

このタイヤは,なんといっても、
「どんな条件下でも使いやすい。」のが特徴です。
DTC ( DUAL TREAD COMPOUND) と呼ばれる、
サイドトレッドには、スローリバウンドコンパウンド、
センター部分は、転がりの軽いハードコンパウンドを採用していますので、
ペダリングは軽く!下りなどでのコーナリング時には、
しっかりグリップしてくれる,
まさにALL Condition な一品です。

26inch から 29er へ行き、とどめは 650B で、
バリエーションが増えることは良いことであり、
コースや、使用状況により、楽しみ方が増えことでもあります。
それらが活性化し、市場が活発になれば、
良いものも出てきますし、買いやすくもなります。
我々 Circles は新しい物が大好きです!
私も長い自転車屋人生の中で幾つもの「新しい」に
出会ってきました。
時には、駄作も多々ありましたが、
しかし、そこからより良いものが生まれてくるのも知っています。

これからも継続的にどんどん紹介していきますので。

そこんとこヨロシクおねがいします!!


==SAL==


Parts! | permalink | - | -
circles_jpをフォローしましょう