<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

WOUND UP!!



WOUND UPはユタ州の州都、ソルトレイクにある航空機の部品なども手がけるADVANCED COMPOSITES INCのなかのカンパニーです。

カーボンフォークでありながら、すらっとしたシルエットをもち、どことなくオールドファッションなフォークはハンドメイドフレームビルダー達から絶大な信頼を得ています。

NAHBSの写真やCirclesの店頭でも多く見ることができます。
(DE SALVO "Gravel Road", 下で紹介するRoad Fork LRBを使用)

大口径化する現在のカーボンチュービングとは明らかに一線を画すシルエットです。

これはクラウンレース、フォーククラウンやエンドにアルミ(一部モデルはコラムもアルミ+カーボンチュービング)を使用することによりブレーキングや衝撃によるねじれを回避して、結果的にステアリング、ハンドリングの安定につながっています。

引換えに重量は少しかさみますが、
ステアリング部の安定は普段から自転車に乗っていろんな所に行く僕達にはとっても重要ですし(Chris Kingのヘッドパーツをおすすめする理由もここです)、
好んでスチールバイクに乗っている僕達には重量よりも大事なことがあるんです!
Bike messenger loves Wound Up


さてここからは、新しいモデルも追加されたWOUND UPを、
モデルごとに紹介していきます。
Road Fork (1-1/8)  Silver   ¥38850 共にRace Hight 365mm
                (1-1/8)  Black   ¥44100         Rake 45mm

こちらは、もう定番中の定番のRoad Fork です。タイヤクリアランスは28cまで対応していますので様々なロードタイヤを選択できます。


Road Fork LRB (1-1/8) Silver  ¥49350  共にRace Hight 376mm
                                  Black   ¥54600        Rake 46mm

こちらは、上のDE SALVOにもついているモデルで、タイヤクリアランスが32cまで対応して、さらにフェンダー用ダボ穴が付いているものです。
こちらを使用する場合、ブレーキキャリパーを通常の物ではなくロングアームの物を使用して下さい。

なかなかCarbon Fork となると、コンペティション向けの物が大半で、このようなダボ付きの物はあまり見かけません。しかもタイヤクリアランスは32cまで。
夢が広がります。


Team X Canti CX  Silver  ¥52500  共にRace Hight 395mm
                           Black  ¥57750         Rake 47mm

冬にお世話になった方も多い CX fork 。
あと数ヶ月でシーズンインですね(笑)
ここ数年、世界的にCXへの関心は高まり、シーズンインしてしまうと各パーツの入手が難しくなります。
来シーズン、レース参加をお考えの方、今の時期が狙い目です。
ちなみにタイヤクリアランスは35cまで対応。


Team X Disc CX  Silver  ¥52500  共に Race Hight 395mm
                         Black   ¥57750         Rake 45mm

そして、もうひとつのCXモデルはというと、もうみなさんご存知のディスクブレーキ専用モデルです。
昨シーズンから解禁となったCXレースでのディスクブレーキですが、WOUND UPでは以前から既にラインナップとして存在してました。数年前に北米のローカルレースではディスクが多かったと聞いたことがあります。

こちらもタイヤクリアランスは35cまで対応です。


Road Disc Fork  Silver  ¥48300    共にRace Hight 370mm
                       Black   ¥53550          Rake 45mm

最後は、ここ最近巷で噂されているRoad Discです。
近い将来にロードバイクがディスクブレーキになるのではないかと考えています。

WOUND UPは先に述べたように北米のハンドメイドバイクシーンと密接な関係にあり、ビルダー達からのフィードバックを得て商品開発している経緯があります。
以前に紹介しましたBruce Gordonのタイヤの例もあるようにフレームビルダーはフレームを作りますが、そのフレームと同じように、走りを左右するのはこのフォークやヘッドパーツやタイヤなどです。

ここでは割愛しましたが、WOUND UPはモデルの種類もさることながら、コラム長の長さ、レイク(Rake・・・フォークがコラムに対してどれだけ寝ているか) など、きめ細かな設定があります。(大手のメーカーはほとんど指定できません)

WOUND UPのこの選択肢の多さが、
フレームビルダーにとっても、我々にとっても、
思い描いた走りを現実にしてくれる、そんな夢のあるフォークである理由です!

最後にiphoneの画像ですみませんが、
メカニックのノリさんのNEW SYCIP!!
フレームと同色のWOUND UP ROAD LRBです。このような同色塗装ももちろん可能です。

鈴鹿8耐3位の実力を持つ彼はこのバイクにどんな走りを求めるのでしょうか?乞うご期待!


Forks! | permalink | - | -

Vicious Cycles 29er Fork

Vicious Cycleの29er用フロントフォークが入荷しました。

vicious cycles 29er fork
最近日本でも注目されるようになったハンドメイドバイクの先駆けともいえるVicious Cyclesは長い実績による確かな技術と自らの手による最高にクールなペイントワークが魅力です。

シンプルなユニクラウンのストレートフォークです。
vicious cycles 29er fork

Rake : 38mm
From Crown to Drop : 470mm
Disc Only
TrueTemper Custom-Drawn Steel Blades
Made in USA, NewPaltz, NewYork

こちらもご参考ください。

vicious cycles 29er fork
29800yen
Webshopでも発売中!

vicious cycles 29er fork
★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで
Forks! | permalink | - | -

単純だからこそ分かる事もある。

 


フレームジオメトリーは大切です。

そこを一番重要視して、しっかり個人のニーズに合わせて
(いわゆる、乗り方や使用法です。)
自転車を設計する事が出来るのが
いわゆる、ハンドメイドバイシクルの特徴です。




そして最近は、シンプルなマウンテンバイクが
ちょくちょく話題に上がります。




マウンテンバイクが根強い人気の国においては29erの需要が急速に高まり、
現在では26inchとのシェアは五分五分と言われています。

需要の高まりは、製品の向上につながり、今や、ほぼすべての29erにおいて
適正なハンドリング感覚を得ている事でしょう。
(トレイル量を知るという事。 非常に分かりやすいのはこちら。)


現在26inchのマウンテンバイクに乗っていて、
あぁもっとシンプルにしたいなぁ。
サスペンションなんていんねーなぁ、
なんて思っている方にとっても非常に大事な問題でもあります。



現状で日本の市場に流れるリジットフォークのほとんどは、
極めて肩下の短いものが多く、(すべて肩下だけの問題ではありませんが。)
誤ってそれらを取り付ける事によって
もちろんヘッドアングルが本来の設計通りになる事は無く、
ほとんどの場合、極度にクイックな操舵感になります。

まぁ慣れてしまえばO.Kという考え方もありますが、
ぜひ命を預かる乗り物だけに、
多少の自転車についての基本知識を仕入れておいても良いと思います。


Hunter Cycle
Segmental Fork with Disc Brake Only for MTB
470mm axle to crown / 39mm rake
¥42000



Vicious Cycles
True Temper blades Steel Fork with Disc Only 
470mm axle to crown / 38mm rake
¥34650




速く走る事だけを目的とするならば、
もちろんサスペンションがあった方が良いに決まってます。

でも、別に速く走る事だけを目的としていない人が
もっといてもいいですよね。

純粋にシンプルなバイクでどこまでやれるか試したり。
新鮮な空気をただ吸いたいとか。 
早朝の小鳥のさえずりを聞きたいとか。

そんな人たちがもっともっと増えると、
マウンテンバイク界ってやつも良い方向に変化する気がします。




kyutai
Forks! | permalink | - | -

キツネ始めました。




色々な要望が増える事は良い事です。





Fox Racing Shox
2011 32 F29
80mm RLC



枠をすこしづつ広げる。

成長ってやつ?

自分たちを理解しながらね。


そして、今日はCielo Sportifが帰ってくる。




もちろん試乗出来ます。

たのしみだ。



kyutai
Forks! | permalink | - | -

伸びたい!

人間。

容姿は変えられますが、背丈は変えれません。

自転車はといえば、

背丈が容易に変えれちゃうんですねー。

そこで、今回ご紹介するのは!


Volume Bikes Fu Manchu Trick Frok ¥22050

どれくらい伸びるかというと、

一目瞭然ですね。(右がFu Manchuです。)

VolumeBikesは、アメリカのL.A.にある、BMXのブランドで、
最近では、700cのTrick Bikeにも力を注いでいる
ハードコアなブランドです。
フォークを交換するだけで、ハンドル位置が高くなり、
フロントホイールも上げやすくなるだけなく、
太いタイヤもはいっちゃうんですねー。
これで気になるアイツに差がつけれますねって書いてると
雑誌の裏表紙に載ってる通販風になってしまいますが、
いいえ、これはリアルです!
Call Now!

-SAL-

Forks! | permalink | - | -
circles_jpをフォローしましょう