<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

20世紀少年たちへ

 


ジョブス師がなくなった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このムービーはとても良い。 
人がコンピューターを使うと言うことは、自転車を使用する人間に似ている。
つまりは正しい機械を正しく使うと人は飛躍的に進歩する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ことあるごとに店頭で彼がたぶん考えていそうなことを
僕なりの言葉に置き換えてお客さんと話したことが、色々と思い返される。(僕は決して信者でもなく、類いの本は読んだことは無い。)

瞑想やヒッピー、カウンターカルチャーなんてもう昔の話だよ
なんて思ってしまっていた日本のおとな達。
自分たちが勝手に祭り上げて流行にしてしまっていたおとな達。

”おとな達” よさようなら。

そんな気持ちに確実になった人達も多くいるのではないだろうか。
僕は完全にその一人ではあるのだが。


(同じ空気感が彼女に流れているのでお借りしました。)


浦沢直樹先生の”20世紀少年”という漫画があります。
映画にもなったのだがあまり評判については語られていなかった気がする。




じっくりと見てみたり、読んでみたりすると結構本質が面白い。
人は躍起になって常に ”犯人” を探そうとする。
(これは読んでいる読者も一緒に探そうとする。)
しかしどんどんと話が迷走していくように見せかけて
異なったテーゼを表現しはじめる。 
それは文明の定義であったり、人類の愚かさであったり、自然の豊かさ、
最後には ”決別” をすることが大事なのだと言う。 

そしてむろん犯人などはいない。 
皆が ”犯人” であり時代の共犯者なのである。 
其処からどう決別をつけ、新しい概念、
むしろ新しい人(さとちゃん借りるね言葉。)に
それは ”21世紀少年” になると言うことなのかもしれないし、
どうやって ”決別” をするかと言う ”行動” なのかも知れない。

それは単に"20世紀"やその近辺に生まれた人に向けての言葉になって
しまうことが、とても新しくないのだが、きっと古くからの著名人たちは常に同じ思想域の中で行動し思考をしていたのだとも思う。

それは時に表しやすい言葉となって生まれ流行となって、忘れられていくのかもしれない。

どんどんと季節は流れて、日進月歩のように進化していくであろう
文明の一番奥底にある物は、何時の時代も決して変わっていない。

僕は決して "おとな達" になんかならない。

僕は一生自転車で遊び続けてやるって再確認した今週末の感情。


kyutai

いろいろ | permalink | - | -

 Looking for the new world.

知らなくても良い世界もある。

知って損する世界もある。

でも、知ってほしい世界がある。


見える他の世界。


made by ずっきー


素敵な世界かどうかは、本人しだい。

でも、踏み出さなければ世界は、広くならない。

踏み出した一歩に良いも悪いも無い。

その一歩が楽しくて素敵で最高だ!

そう思う、今日この頃です。




いろいろ | permalink | - | -

NITTO CRAFT2 AND CYCLO TOURIST MAG

ロード用、ママチャリ用からリーベンデールの別注物、はたまたBLUE LUG別注モデルや一連のシムワークスのプロダクトも手がけるNITTO

そのNITTOからすごいのが来ました。

NITTO CRAFT2 STEM
NITTO

CRAFT2は過去につくっていた(年代もよく解りませんがたぶん70's)もので、今でも探している人の多いJAGUARステムの進化型と思われます。
NITTO CRAFT2 STEM
ただの安易な復刻ではないのは、前編フィレット仕上げでエンブレム付き(JAGUARについていたエンブレムとほぼ同じです)というスペックからも見て取れます。
NITTO CRAFT2 STEM
NITTO CRAFT2 Cr-mo STEM 15120yen

クイルステムは現在主流のアヘッドシステムに比べて剛性や軽量化の面では劣るものの、ミリ単位の感覚的なポジション出しが可能で、構造が単純でそれ故見た目もスマートであるという利点があります。
しかしこの時代に本気のクイルステムをつくれるNITTOはすごいパーツメーカーだと思います。

と思っていたら時代とはよくわからないもので、こんな自転車本が来ました。

CYCLO TOURIST
もう2号まで出ていたんですね。
一号(左側)はまあありがちな表紙ですが、2号はかっこいいですね、女の子の代わりに「峠」。

内容はかなりディープです。
CYCLO TOURIST
ニューサイなどでよく名前を見た鳥山先生のインタビューに

CYCLO TOURIST
その鳥山先生のエルスを起源とする日本のランドナーの歴史(写真付き)

CYCLO TOURIST
これも名前だけはよく見るオールドフレンチパーツの詳細な写真と解説(かなりの量です)

サークルズではニューサイを扱ってまして若者がよく立ち読みをしていますが、長い歴史のある本ですので解説が必要な部分もあります。(各店の入荷情報ですね、大体文字の羅列なのでそこからイメージするにはかなりの修練が必要です)
エルスって? HURETのJUBILEEって何? MAFACのRACERってどんなの? 

このCYCLO TOURIST、そんな疑問に一気に解説を入れてもらえる本です。

第2号も
CYCLO TOURIST
全国の峠特集

CYCLO TOURIST
アレックス・サンジェ

CYCLO TOURIST
これがおもしろかったです。TOEIのスポルティーフにカンパのアテナをメインにかなりモダンなセレクトをしています。

ツーリングコンポ不在の時代ではありますが、スギノ、ヨシガイをはじめVELO ORANGEやここには出てこないPAUL、ELECTRAなどは古いアイデアから新しい物をどんどん作っています。

何か新しい物をつくりたい人は先人のつくった物が気になると思うのです。

新しいポップソングをつくりたい人はビートルズが気になるかもしれない。
新しい詩をつくりたい人はランボーが気になるかもしれない。
新しい自転車の街をつくりたい人はコロンビアのボゴタが気になってしょうがない。

もし何か新しい感覚の自転車を組むならちょっと気にしてみてください。
CYCLO TOURIST
CYCLO TOURIST Vol.1 and Vol.2


Izuru
いろいろ | permalink | - | -

夏のあれこれ

ツールドフランス、ポロポロ見てましたがすごく面白かったです。
ロードがほしくなります。
しかしロードレーサーをはじめとする自転車はどんどん進化してますが逆に普段使いからは後ずさりしてるようで、ロード買ったけど、普段使いにもう一台、なんて話もあったり。

ところでサークルズでは、ニューサイクリングを扱っています。

今月の特集は信州 塩田平紀行、蘇れ!!サイクル野郎は九州から日本海、新潟まで。
季節も季節だし、どこか行きたくなること必至です。¥800

表紙はトーエイのランドナーです。
以前よりツーリング用でサーリーのLong Haul Truckerがほしくて頭の中でいろいろ組み立てたりするのですが、パーツは何がいいかなとニューサイを見てると、Mafacってかっこいいなあ、アンブロシオのリムもいいなあ、そういえばユーレーのジュビリーが事務所にあったなあ、となるのですが、
効きの悪いブレーキに36Hしかないリムで大昔のディレーラー・・・ぶんぶんぶん(首を振る)。

そこで!
こんなのはどうでしょう






ELECTRA TICINO  HANDCRAFTED SERIES(詳細はそれぞれの写真をクリックしてください)


エレクトラはビーチクルーザーがその代名詞ですが、ここ数年は街乗りに特化した自転車がメインです。
このパーツ類はTICINOシリーズのためのパーツです。20速のコミューター(ミキストもあります)のためのパーツですので当然クランク、ハブは10速対応、ハブはシールドベアリング、ツーリングペダルはなんとSPDメカが取り付け式。

自分たちの作りたい自転車に取り付けたいパーツのイメージを本気で形にしてしまうエレクトラはサーリーぐらいのパワーがあります。

エレクトラが"ないから作る"なら、こちらはもう少し愛情というか執着というかオマージュというか、
PAULです。


Mafacを独自のセンスで解釈したブレーキは制動力はもちろん、すごいオリジナリティがあります。

また、これも古いパーツと同じで、説明書もいいです。


そしてもうひとつこちらはもっと古ものずきな、




Velo Orangeもすこしあります。

古いパーツを探してやるのもいいし、最新のパーツで組むのもいいし、ごちゃごちゃでもいい。
そこにこんな選択肢もあるということです。

日本では ENE CICLO もありますし。

でも結論としては早く組んじゃってどこか走りに行くのが一番です。




以下告知↓
告知をしないのでよく怒られます。
明日ライブやります。詳細はこちら

あとボンゴ祭の翌日22日(日)は名古屋グランパス応援ライド to 瑞穂競技場

あとその次はメインイベントのBang King
そしてNut's Fesも絶賛チケット販売中。

イズル

★商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで。
 
いろいろ | permalink | - | -

旅のお供

マコトはカナダのおバカ系MTBレースへ、

シゲは内灘FK杯トラック&ロードへと行っておりますが、

遊びに行く人がいれば来る人もいるわけで、津田沼より


物干し竿にもなるスチームローラー。


これはよく見ると親指です。


つらいときも、サムズアップバー。親指 by Haroshi

彼はボブトレーラーを引いて九州までの旅の途中です。
ちなみにボブトレーラー、在庫あります。

Yak Plus¥52500

ちなみに
PaulのStem Cap Light Mount ¥3990

おなじくPaulのRacer Brake ¥16800

このあたりも在庫あります。

そして足元はトラブルが少なそうな

このセット。

お店のほうはHold Fast、Resistantともに欠品中ですが
ReloadのLock Down Foot Strapが少量入荷してます。
(写真をクリックするとWebshopページが開きます)


あわせてストラップばかり紹介してペダルをアップしてなかったのでプラペダル各種アップしてあります。
(写真をクリックするとWebshopページが開きます)

Odyssey


Primo


Atomlab


明日の朝名古屋を出発して伊勢、志摩、熊野を通って大阪へ向かうそうです。
タマちゃんのブログ

★商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで。

zu
いろいろ | permalink | - | -
circles_jpをフォローしましょう