<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

世界の端から端まで行ってみたいと思う。
出来れば、宇宙までとか。
まあ、無理なんだろうけどね(笑)

でも、宇宙以外なら「地面が繋がってるんだからイケんじゃねーの」とも思う。

多分、この人達もおなじ感じがする。
世界中に行ってみたい、たぶんそう思ってる。
ほんで地面繋がってるから、行けると思ってる。
だから、やってみましたってな感じ?
アドヴェンチャーサイクルって、聞くと何かよくわかんないかもしれないけど、これを見たら一発だ。

Reveal the Path Trailer from Mike Dion on Vimeo.

自転車に跨がったて、自分の行きたい所に、自分のペースと責任で。

これが自由ってヤツじゃん。

世界は、自転車で廻るには、ちと広いかな?
でも、きっと成せば成る。
迷わず行けよ、行けばわかるさ。
アリガトウ!!(猪木かっ!)







DVD | permalink | - | -

 外は、朝からシトシトしてますね。
ザーザーってほどでは無いですけど、
お出かけするには、躊躇します。
来ましたね梅雨。
外に出るのが、おっくうになる季節です。
まあ、窓辺でぽんやりするには、良い季節ですけどね。

そんな、1年で一番インドアになる季節にこやつが登場です。
sDSC_5269.jpg
Strength IN Numbers       4.720yen
     Made by ANTHILL FILMS

あの泣く子も黙るかどうかは知りませんけど、ANTHILL FILMSからの最新作です。
「Follow Me」、「From The In Side Out」に続く三作目。
どんな内容か、今からもう楽しみです。
待ちきれないアナタには、トレーラーをどうぞ。



[MTB] "Strength In Numbers" Teaser from Visualize Image on Vimeo.


さてさて、欲しくなってしまったアナタに更にお得な情報を、

こちらのDVDペリッとラッピングをめくって開けてもらうと

な、なんと‥‥

ど〜ん、二枚組み。

1枚目:普通のDVD

2枚目:Blue-Ray Disc

何とお得な?二枚組み。ちなみに内容は、全く同じです(笑)


さて、即買いして見ました。
良いです。
前作までとは、ちょいと違う流れだと感じます。
MTBは、「危ない」とか、「乗る場所がない」とか、なんやらかんやら、よく言われますが、別に「楽しいから乗る」「乗りたいから乗る」「好きだから乗る」
って言う一番簡単なことを思い出すDVDでしたね。
簡単なことほど忘れやすくて、でも実は、すごく大事だったりする。
だから、そんな感情を「ふわっ」て思い出させてくれるDVDに出会えたのは、とても素敵なことでした。
なので、皆様もよろしければ是非どうですか?
むろんトップライダー達の超絶走りは、たっぷり入ってます。


makoto

DVD | permalink | - | -

クリスマスですね。

この時季になると、なんか焦るんですよ。
なんか知らないですけど。

「おまえは、大丈夫か?」と耳鳴りがするんです。

街中に響き渡るクリスマスソングが、
「おまえは、大丈夫なのか?」
と言ってる気がするんです。

これは、もう、焦るとかじゃなくて
追い詰められてるんでしょうか?

そんなことをこの時季になると考える、
どうも、makotoです。

今日のご紹介は、クリスマスプレゼントにピッタリのDVD。
二人で見れば、もう、ラブラブでしょ、きっと。

昨日発売のこちら、一日遅れで入荷してまいりました。s-DSC_7408.jpg
From the inside out   4.930yen
made by ANTHILL FILMS

この冬最高の1本です、まだ見てないけど断言します(笑)
だって創ってる奴らがまず、ANTHILL FILMS。
最高の映像美を追求してるcollectiveチームのスタッフ達です。

出ているライダー達もまたすごい。
MATT HUNTER、STEVIE SMITH、BRANDON SEMUNUKなどなど、
ビックネームがズラリ。
MATT HUNTERは、僕が一番大好きなフリーライドライダーです。
ホントカッコいい走り方するんですよ。
繊細でありながら豪快なライディング。
もう、僕が女だったらも〜〜、
「惚れてまうやろが〜〜!!」と叫びたくなるほどです。

ロケもカナダ、BC州。
州がMTBを観光の目玉に据えようとしているので、
トレイルの整備や開発に政府のお金を使うほどのバックアップ体制。
まさにMTB天国です。

スポンサーも、CHROMAGやPINKBIKEなどローカルを知りつくした人々。

これだけそろって、つまんないはずがない!!
僕もそく買いです。
仕事終わりに店のプロジェクターで見ちゃいますよ。

すぐに見れない皆さんには、予告編をプレゼント。




どうですか?
どきどきしないですか?

なんかこう、やっぱ僕、MTBが好きです。
心の底から。
自転車を操る感覚や
森の静けさとか
森との一体感とか、
もう、たまらんす。

どうあがいても、あんなふうにはなれないけど、目指しちゃいますよ。

季節は、おりしもトレイルシーズン真っ盛り。
山に繰り出しましょう。
寒いけどね。


makoto


★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで

DVD | permalink | - | -

 まいど。
朝晩は、すっかり寒くなってきましたね。
白クマよりも暑がりな僕は、最高の季節の訪れを感じ胸がドキドキ。
当然、いまだ日中は半袖短パンで過ごせます。

涼しくなってきたこの頃の唯一の難点は、日が短い。
イコール夜が長い。
早く暗くなってしまうとチャリに乗りずらい。
結局、家で飲んだくれる。
ビール代がかさむ。
肝臓が疲れる。
体が重くなる。
チャリにますます乗らなくなる。
そして、酒の量が増える。

最高、いや最低のローテーションです(笑)

そんな、秋の夜長ぶっ飛ばす最高の品々が、こちら。

s-DSC_8074.jpg
The Cyclocross Meeting
3.780円

絶賛開幕中の関西シクロ。
「今年は、参加してみよう。」とか
「今年こそ、カテワンまで行ってやるぜ!!」
などなど、思いは、それぞれでしょうが、
そこに向けて、テンションをガンガン上げるに最高な一枚です。

s-DSC_8080.jpg
Life Cycles
4.410円

MTB DVDの新定番になりつつあるLife Cycles。
四季を通して楽しめる最高の乗り物MTB。
山で走る、シクロより一歩進んだ泥の世界。
自然と調和し走ることの素晴らしさが見えて気ます。

s-DSC_8072.jpg
3MINUTE GAPS
3.990円

トレイルライドよりさらに先?
DHレースの世界、速く走ることコンマ以下の秒数を削り合う
ギリギリの世界。
レーサー達の不安、迷い、葛藤、興奮、喜び。
そのすべてが描かれてます。


こんな感じで、色々取り揃えております。
秋の夜長、ビール片手に優雅に鑑賞。
結局、ビール飲んじゃうのか(笑)
体重も増えちゃいますね。

でもまあ、よろしくお願いします。


DVD | permalink | - | -

 暑いね。
ホント暑いっす。
も〜嫌って感じですね。

こんな日は、無理に自転車乗ると暑くて暑くてグルグル、バッタン。
ってことにもなりかねないので、涼しい朝か夕方に乗りましょう。
そ〜すると、「昼間がヒマだ!」とおっしゃる皆様の為に、
イメージトレーニングと暇つぶしに最適、DVD各種が再入荷です。

まずは、1本目。
s-R0020481.jpg

TOUR OPERATOR  ¥3.990-

今真っ盛りのツール・ド・フランス。
今年は、落車のオンパレード。
崖下に落ちたり、放送車にはねられたりと大変です。
そんな、ツールの舞台裏に密着した本作品、
発売から年数は経っていますが、世界観は、秀逸です。


二本目
s-R0020483.jpg

Red Bull RAMPAGE   ¥3.990-

こちらもフリーライドコンテストに密着したドキュメント。
ただ、シリアスなドラマの中に繰り広げられるは、
開いた口が塞がらない数々のトリック。
エナジードリンクで夕方に備える方にもってこいです。

三本目
s-R0020484.jpg

Klunkers  ¥3.990-

こちらの作品は、歴史の旅にご招待。
僕の大好きなマウンテンバイクが生まれるまでのお話。
生ける伝説なオトコたち。
ただのおっきい子供かレジェンドか?
判断は、皆様の目でお願いします。


四本目
s-R0020482.jpg

Life Cycles  ¥4.410-

毎回、入荷してもなくなるのが早いこちら。
流れる美しい景色とライディング。
世界を意識させ、この場所に行きたいと思わせる、
美しいトレイルの数々。
速さ高さだけでない、スムーズと言うかっこよさ。
ココに詰まっとります。


まだまだ、たくさんあるDVDですが、
全部乗せると、ブログ読んでるだけでお腹いっぱい時間いっぱいってことにもなりかねないのでこの辺で。
おヒマなら店の方にもご来店ください。
今なら、絶賛、レース中継中です。






DVD | permalink | - | -

桜・・・
散りかけが好きです。

さて、春も来たので、自転車シーズン全開開幕ですね。
雨にもめげず、花粉にもめげずモリモリいきましょう。

でも、まだちょっと全開には、という皆様に精神的なドーピング。
そうDVD!!

まずは、1日本目。

SEASONS    ¥3.990-

僕が最も愛している、the collective シリーズの三作目。
MTBで出来ること、そこにかかわる人たち。
プロライダーであるということ。
そこで流れるライディングと想い。
映像で、感じてください。

2本目

Red Bull Rampage 2010  ¥3.990-

限界に挑み続けるライダーたちの思いがココにあります。
恐怖、
栄光、
勝利、
敗北、
その先にあるもの。
いいよこれ。


3本目は、なんとロードレースです。

TOUR OPERATOR  ¥3.990-

新作では、ありません。
撮られているのは、2000年ツール・ド・フランスの舞台裏。
今見れば当然、機材も古めかしいですし、レースの展開、戦術も異なります。
でもこの作品が、伝えたいのは、そこじゃないんです。
レースに関わる人たちの人間臭さ。
これです。
選手はもちろん、選手以外の監督やメカニック、マッサーたち。
1ヶ月に及ぶ過酷なレースの舞台裏、最高です。

そして今回のラスト。

ROAD to ROUBAIX   ¥3.990-

まさに今、真っ盛りの春のクラシック、
その中でも一、二を争うほどレース。
ロード・トゥ・ルーベに密着した映像です。
「北の地獄」と呼ばれるほど過酷なレース。
パヴェと呼ばれる石畳がコース各所に織り込まれ、
ロードレースにも関わらず、
泥まみれ、砂まみれ。
ボコボコの石畳が起こす数々の落車、マシントラブル。
そのすべてが、筋書きのないドラマに繋がります。
落車に巻き込まれ大怪我、
口から入った砂や泥による感染症など、
選手にとって、あまりにも危険な要素を含む過酷なレース。
でも、選手たちはこのレースに出ることをやめません。
むしろ、ここで勝つ事を夢に描きます。
なぜなら、「北の地獄」という名の他に、
このレースは、「クラシックの女王」とも呼ばれ、
歴史と伝統に裏打ちされた、このレースでの勝利は、
グランツールでの優勝よりも価値があるともいわれるからです。
そんな、レース見てください。

で、そんな「北の地獄」一緒に見ませんか?
そう、2011年度春のクラシック、「ロード・トゥ・ルーベ」は、あす夜開催です。
だから、やります。

”北の地獄とやらをこの目で見よう会”

日時: 明日4月10日 PM8:30より
場所: circles ラウンジスペース

飲み物とおつまみをご用意してお待ちしています。


そしてさらに、明日は、忘れてならない統一地方選挙です。
DVDは、映像で想いを伝えようとし、
選手は、その走りで想いを伝えようとするように、
国に僕らの思いを伝えるのは、僕らの持つ1票です。
ですから、行きましょう選挙。
毎回恒例ではないですが、今回は、やります。

”今投票に行かないのであれば何を僕らはつぶやく必要があるのだろうかSALE”

投票済み証をお持ちの方、当日の買い物に限り10%OFFとさせていただきます。
ただし、取り置き品、予約品等は、のぞきます。

さあ、あすは、忙しいですね。
自転車乗って。
選挙行って。
買い物して。
サークルズ来て、レース見る。

良い休日になりそうです。


PS. 今日は、ツール・ド・フランドル放送中です。


makoto





DVD | permalink | - | -

限界ってなに?
人には、越えらない壁があるの?
出来ないことは、何やっても出来ないの?
才能とか年齢とか、どうにもなんないの?
忙しいし、時間ないし、お金ないし、なんかイライラ?
世界と世界を支える日常なんてつまんない?



けっ、知るかよ、どうでもいい。
毎日毎日、理不尽があふれてて、そんなんがそこらじゅうから垂れ流し。
駄目なもんは、駄目?
だからって別に関係ない。
僕がやりたい、だからやる、それが全て。
それでいい。

それで、いいよね?

前を向くのは、以外に大変だ。
でも、前を向く力をくれるものは、ある。

Life Cycles   4,200yen
(今年一番の注目作、MTB界のビッグネーム勢ぞろい、映像の綺麗さは最高。)


Red Bull Rampage 2010    3,990yen
(レッドブルは、翼を与える。 こんなことできるんですよMTB。)


Speed Kings
  3,780yen
(Down Hillレースシーン0.1秒の世界にかける人々の背中がここ。)


Brighter 
3,990yen
(トレイル+ブリッジ+ジャンプ=自由 何でもできるんだ、MTB。)

たとえばDVD。
映像っていう形は、分かりやすく伝わる。
でも、見れば見るほど気づかされる。
出演するライダーたちも突然上手くなってるわけじゃない。
毎年発売される作品、前年の自分たちを確実に越えて、洗練されていく。

シーンごとに擦り傷やら泥汚れが増えていき、ニュースや映像で伝えられる、大怪我。
でも、確実に乗り越えてまた僕らに元気な姿を見せてくれる。

映像に表れる、ライディングやトリックの数々は、彼を宇宙人の様に見せる。
でも、実際に話す彼らは、とても気さくで温かい人々、ナイスガイだ。

そう、彼らは、人間。
だからいつか限界が来るのかもしれない。
「もうこれ以上は、ない。」と思われるトリックが、いつの日か出るのかもしれない。
でもそんなこと、きっと彼らが、信じてない。
積み重ねの先に、新たな世界があることを知っているから。
今日より高く。
今日より速く。
今日より上手く。
今より一歩先に、そう、信じてるライダーたちの今を見てほしい。
きっと力がもらえる。

だから、よろしくお願いします。



*各タイトルをクリックで、トレーラーにジャンプします。*


makoto




DVD | permalink | - | -

サイクロクロスミーティング

 
The Cyclocross Meeting  ¥3780

いま、季節的にも、Circles的にもタイムリーで、HotなDVDが入荷。
その名も『The Cyclocross Meeting』
先の『野辺山シクロ』でも上映されていましたので、
参加された方の多くは、御覧になられたかとおもいます。

本編は、2008年に来日した、ブライアン・バーナー監督が、
関西シクロクロスレースを中心に、ドキュメンタルタッチで、
描かれたもので、
Kona Pro Rider Barry Wick, 当時、若手ホープだった、
Adam Mcgrath そして、日本チャンプの辻浦 圭一、
竹之内 悠もでています。
そして、あの、フレームビルダーの中川 茂氏のインタビューも
入ってます。

そして、何故、Circles的にもタイムリーかといいますと、
そう、12月12日(日曜日)に開催されます

『FSCX Vol.4』

いよいよです!準備はいいですか?
明日にでも詳細をアップします。
楽しみにしててください。
もう一度いいます。
12月12日は予定を空けておいてくださいネ。

そのための、イメトレにも最適な映像です。

==SAL==

DVD | permalink | - | -
circles_jpをフォローしましょう