<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

500と800。

今まで頑なに(?)拒んでいた訳ではないですが、
使ってみにゃわからんですし、
何やら面白いアプリがあるではないか。
となれば、使わない術はない。


    【セット内容】
  • Edge500J本体
  • プレミアムハートレートセンサー&ストラップ
  • スピード/ケイデンスセンサー
  • ハンドル/ステムマウント(2台分)
  • 充電用ACアダプター
  • PC接続ケーブル
  • トレーニングセンターソフトウェア
  • 操作マニュアル


    【セット内容】
  • Edge800J本体
  • 日本詳細道路地図(City Navigator)DVD
  • プレミアムハートレートセンサー&ストラップ
  • スピード/ケイデンスセンサー
  • ハンドル/ステムマウント(2台分)
  • micro SD(City Navigator収録)
  • 充電用ACアダプター
  • PC接続ケーブル
  • トレーニングセンターソフトウェア
  • 操作マニュアル


GPS内蔵のサイクルコンピュータ。
スピード/ケイデンスセンサー、心拍計が標準装備。
ANT+sport対応のパワー計とリンクさせて、
リアルタイムで出力管理もできます。
となれば必要なのはパワータップ。
今ならオリジナルコンプリートホイール有り〼。


DT/Powertap Complete Wheel ¥115500
Rim:DT RR585
Hub:CycleOps Powertap Pro+(Shimano/Sram)


※ステム取り付けイメージ(Edge 500J)
ステム/ハンドルマウントは2台分付属しております。

800Jはカラー・タッチパネル式ディスプレイ、
ナビゲーション機能も搭載した文句無しの一台。
500Jはコンパクトながら機能的には十分なものなので、
レース時にもおすすめです。

どちらも日本語版で、見やすく、扱いやすくなっています。
(もちろんマニュアルも全て日本語表記になっています)
ここで気づいた方もいらっしゃるかも知れませんが、、、
そうです、お値段。日本語版としてはとてもお求めやすくなっています。
是非みなさんに使って頂きたいが故のプライスです。
よって、CRCメンバーへの割引も除外となりますので悪しからず。

そうまでして使ってほしいのには理由があります。
Stravaというアプリがあるのですが、これがとてもオススメです。
ガーミン等の走行記録をアップすると、
もちろんどんなルートを走ったかがわかったり、
そのコース上の登坂区間でのタイムがランキング化されたりします。
SNS的な感覚で他のユーザーをフォローすると、
そのユーザーがどんなルートを走ったかがわかります。
プライバシー的なアレで、自宅付近のログはステルスにもできます。
「今日こんなに走った!」とドヤ顔するもよし。
「私の秘蔵コース!」を教えちゃうもよし。
使いやすいアプリとなっていますので、是非ともご活用下さい。
これで、坂という坂すべてStravaを意識して、
頑張って登っちゃう人が増えるかもしれませんね。(笑)

(Toyoshige Ikeyamaで登録しています)

こうなると、僕がどれだけサボってるかを世に知らしめる
ことになりますが、まぁそれは良しとして。
やるときはやるのが僕ですので。

shige
Training! | permalink | - | -

Lemond Revolution

すごい雨風でしたね。現在のサークルズ付近は雨も上がり、

時折強い風が吹いておりますが、落ち着いた感があります。

各地のみなさん引き続きご注意ください。

こんな天気の日にはトレーニングに行くのも困難です。

だからといってサボっていると、これから始まるシクロシーズンに出遅れてしまう。(ちなみに9/25に埼玉で行われるGPミストラルが今シーズンのシクロ開幕戦です)

となると、おうちでローラー台をふんすか回すわけです。

サークルズにもついにローラー台がやってきました。


Lemond Revolution ¥59850

SPEC
全長:51cm,幅:61cm,高さ:46cm
重量:14.5kg,最大許容重量:113kg(自転車を含む)
対応カセット:shimano,sram(※campagnoloは別途フリーボディが必要)

スペックをご覧になってムムッと思った方は鋭いです。



対応カセットとありますが、つまりこうなって、、、、



こうなるわけです。

いわゆるローラー台というとみなさんピンとくるのが、

リアタイヤにより負荷をかけるものだと思います。

ちなみに上の写真のようにリムドライブ方式のものもあります。

今回ご紹介するLemond Revolutionは、本体にカセットスプロケットを装着し、

自転車のリアホイールを外して駆動系に直接セッティングする構造になっています。



で、とりあえず乗ってみる。



こちらも乗ってみる。

この方式だと、まずタイヤやホイールの消耗を防げます。

そしてタイヤとローラーの滑る感覚もなく、安定感があります。

アウタートップだとかなりの負荷がかかり、私のようなヘナチョコにはこたえました。



この大きなフライホイール(Higt-ineitia Technology)により、

風の抵抗が生まれるので、路面抵抗+空気抵抗というよりダイレクトな、

実際に走行している感覚にとても近い感じがします。

そしてローラー台を選ぶ際にみなさんが気になる音について、

使ってみた私の個人的な意見としては、

ケイデンス80-90回転をキープする分には音はあまり気になりません。

ただ、重めのギアでもがくと、フライホイールの回る音はかなり大きいです。

フライホイールから発生する風を自分の方に扇風機代わりに送れたら画期的。(笑)

「ローラー台に乗っていて発生するエネルギーを何かに活かしたい」

きっと乗った事のある方なら誰もが思うはず。話がそれました。

あまり音を気にせず乗れる環境であれば問題無しですが、

どこでも気にせず乗れるというわけにはいかないと思います。

ですが、実走感のある独特の感じはLemondならでは。


有名どころではTeam Garmin-Transtionsも使っている確かな一品です。

気になる方は是非一度御来店下さい。

shige
Training! | permalink | - | -
circles_jpをフォローしましょう