<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平田にHunterがやってきた! | main | 巧 >>

Cafe du Cycliste

フランスは地中海沿岸のリビエラ地方に
サイクリストの為のカフェも経営するサイクルアパレルブランド、
その名も"Cafe du Cycliste"

昨年夏に取り扱いをはじめ、そのデザインと機能面のバランス感は
今までのサイクルジャージにはなかったもので、気にかけてくれる人もたくさんいました。


そんな"Cafe du Cycliste"から今回ご紹介するのは
"Yolande Jersey"と名付けられた長袖ジャージと"Madeleine Gilet"というベスト。
どちらも機能面とデザインのバランスは抜群!
またまた人気がでそうです、ていうか人気です。



Cafe du Cycliste 

メリノウールとポロエステルの混紡、もともとベースレーヤーとしての使用も考えられたこの生地はラファのそれより少し薄手、吸水性はもちろん速乾性にも優れたとても肌触りの良い生地です。
起毛もされていないので夏以外のシーズンであれば、春や秋にはベースレイヤーと合わせて、寒〜い今みたいな季節であればミッドレイヤーとして着ることができます。

ストラップのついた少し高めのスタンドカラーとエルボーパッチがどことなくクラシックな雰囲気を漂わせております。

バックポケットは3+ZipPocで計4つ。
ポケットの縫い目にはリフレクター付属。

腕にもリフレクター。
横からのライトに反射してくれて、以外にあると安心する部分です。

指ぬきの付いたリブは袖口にそのまま縫い付けられています。
ナイロンジャケットなどのアウターシェルにはよくあるけれど、
長袖ジャージではこのようなリブはあまりない気がします。


レディースモデルもちゃんとラインナップされています。

ストラップ裏地とエルボーパッチがマスタードに...かわいいです。



でこちらがベスト。

レディースモデルはジップが淡いピンクに。

こちらは撥水、防風、重量およそ100グラム軽量ナイロンベスト。
畳めばかなりコンパクトになるので収納もラクチンです。

背中にはメッシュ部分が広くとられていて、体温調節もバッチリ。
フロントジップを開ければスムーズに風が流れてゆきます。

またメッシュ地の下部は縫い付けられていないので、下に着たジャージのバックポケットにそのままアクセス可能となっております。



"Yolande Jersey"との合わせもグー!!!
(ちなみにワタクシ身長170cm胸囲84cmで両モデルともXSを着用しております。)

落ち着いたカラーのグレンチェックなのでジャージ以外のものと合わせて普段使いにするのにもよいですね。


EARLY BIRDSの雰囲気にも自然と馴染みます。


ちなみに"Yolande"はヨーロッパでは女性の名前として親しまれていますが、スミレという意味合いもあるようです。

スミレが咲き始めるのももうそろそろ、
このスタイルで走りに行けるのを待ち望みながら、
今はアウターシェルの中であたためておくとしましょうか。


Yanakku
Bike Wear! | permalink | - | -
circles_jpをフォローしましょう