<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Cafe du Cycliste | main | Let's! Sunday Morning Ride! >>

 プロライダーという職業。

男の子なら一度は、憧れた事があるだろう。
言わずもがな僕もその一人である。
一度は、結構本気で目指したこともある、まあ、届かなかったけどね。

最近は、日本人も世界の各地で、色んなジャンルで目覚ましい成績を挙げているのが、メディアを通して伝わってくる。

でも、メディアとは残酷である。
世界のトップクラスで、戦い続ける人でも好成績のときしか報道されないし、成績が悪くなればその扱いなんてひどいもんである。
でも、話題に載るだけでもましである、だって、それがプロの仕事の1つだから。
最低限の仕事をこなしている。

でもでも、世界で戦う人だけがプロでは無い。
世界戦やオリンピックという華やかな場所が存在する為には、ナショナルシリーズという場所が必要だから。
でも、よほどのスポーツでなければナショナルシリーズなどが、TVや新聞の1面になどくる訳もない。
自転車もそんな競技の1つだと思う。

このブログを観る人は、そんな事もないだろうけど、
日本で自転車に乗っているといえば、「競輪」しか出てこない(笑)
世の大半の人は、競輪の自転車とロードレーサーの区別もつかない。
そんなもんである。

ましてやMTB競技など、「なんじゃ、そりゃ?」て感じになる。
でも、それには世界が存在し、当然、ナショナルシリーズも存在する。
そして世界を目指して戦う、プロ達がいる。

この雑誌は、そんなプロにフューチャーした雑誌である。
ss-DSC_1112.jpg
SLM Mountain Bike Photo Journal  vol.2~4   ¥800-

写真で切り取られた彼らが、目指すものや想いが伝われば、よいと思う。

ss-DSC_1130.jpg

ss-DSC_1131.jpg

ss-DSC_1128.jpg




Books | permalink | - | -
circles_jpをフォローしましょう