<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ちょっとは涼しくなってきましたね。

 という事で、けっこうな間おざなりになっていた2Fのウェアの紹介を久しぶりにさせて頂こうかと思います。

暑いからって決してさぼっていたわけでは...

ま、ようやく朝晩は秋っぽいなぁなんて思えるようになってきましたし、
皆さんそろそろ秋冬の新作アイテムが気になり出してるんじゃないかなって事で、

今回はnarifuriと久々の登場となるPEdALED(呼び名がペダレットとなりました!)の新作を御紹介!!!


という事でまずはこちら!
 
PEdALED
Denim Bike CPO Shirt ¥17850
Color : Indigo

ペダレッドとのラインナップとしては定番のCPOシャツ。
こちらのモデルはストレッチデニムを使用し、シャツとしてだけではなく、ジャケットとしても使ってもらいやすいものとなっています。

ポケットのデザインなどにも目を奪われますが、やはり一番のポイントはボタン。
厚手のレザーのボタンなんですがじつはこれ、レザーサドルでお馴染みのBROOKSのスクラップレザーを使っているのです。

着込んでいくとこのボタンも少しづつ表情を変え、デニムだけでは無い、味わいのあるシャツに仕上がっていくことでしょう。

そして自転車ウェアとしてのスペックはストレッチデニムを使っているという事だけではなく、こんなところにもみられます。
このように、ハンドルを握るより大げさに肩を出してみるとよくわかるのですが、背中のダーツがググッ!と広がります。
これで背中から肩にかけての突っ張りがなくんなり、ライディングポジションもストレスなくとる事ができるのです。

また夜間走行の際には後部裾部分に付いたジップを開くとリフレクターが顔を出します。

で、こいつを着てみるとこんな感じになりますよっと。
もろ"アメカジ"と言ったところでしょうか。

合わせているのはnarifuriの定番チノパン。
narifuri
チノパンレギュラーフィット  ¥18900
Color : Beige

ちょっと太めのラインが僕好みの、こちらはレギュラーラインのものでCirclesでは定番人気アイテムです。

決して薄手ではない、しっかりとした質感とは裏腹に、そのしなやかなストレッチ性の高さには誰もが驚かされるはず。

他にもいろいろと細かなスペックはあるけれど、とにかく動き易い1本です!


そしてPEdALEDからもう一品ご紹介。
PEdALED
Riding Shirt Parka ¥18900
Color : BeigeCheck , GreenCheck

コットンフランネルを使用した、いわゆるフード付きネルシャツ。
首もとはスナップボタン3つ。
こんな感じで全て留めるとキレイに襟も立ち、寒くなって来た時にはネックウォーマーと組み合わせれば、防寒性もグッとあがります。

もちろんそれ以外にも工夫次第でいろんなアレンジができますよ!

そうそう、肩にはカバンを背負った時のストラップとの擦れの補強もされています。

そしてこちらもライディングポジションがとり易いように生地がストレッチ性の高いものに切り替えしてあります。

そしてこちらも合わせてみるのはnarifuriのチノパンツ。

narifuri
チノパンスリムフィット ¥18900
Color : Beige

先程のレギュラーフィットとこのスリムフィットではかなりラインが違うとは思いますが、ちなみに僕が穿いているのはどちらも同じSサイズ。

ラインが違うだけでこうも違った印象にになるんもんですね。

ちょっとスッキリとしたキレイめラインが好きな人にはこちらがお勧めです!

そしてパンツばかりじゃないです、narifuriさん。 
narifuri
ジップパーカー ¥19950
Color : Grey , Purple , Black , Red

こりゃ間違いなく使えるアイテムです。
持ってて役立つことはあっても困る事は絶対ないと言い切れるジップパーカー。

ロゴのインパクトも抑えめに、今までよりもシンプルに仕上げられています。
アクリルをメインにウールを少々加えた生地は保温性、速乾性を持ち合わせた機能素材。
しかも良く伸びるのでジャストに着てもストレス無しです!

もちろん今まで通りバックポケットがあったり...

リブの指ぬきも健在です。


といことで、こちらはnarifui x narifuri

narifuri
カリテ スリムカーゴパンツ ¥19950
Color : Khaki , Beige

ポリエステルをメインに綿を少々、そのわりに質の良い綿パンツの様相。
そして良く伸びます、乾きます、強いです!の3拍子揃った機能素材。
更に肌に触れる裏面は凹凸があり、汗をかいたときのベトつきを和らげます。

裾はお馴染みべルクロ使用になっておりますので、ラインを変えたり裾を捲ったりお好みで表情を変化させることが可能です。


Chromeの新作ビンディングシューズ、
"Lower Southside Pro / ¥17850"かなりイカしております!

こちらはwebshopでチェック!!!です。


yanakku

Bike Wear! | permalink | - | -

トータルコーデネート。



ちょこちょこと、どこかの限られた中では見かける僕のジャージ姿。
そんな姿を見た事ある人はこう思うかもしれません。

『あいつまたこのジャージ着てる。』

そうなんです、暑い日にはなにかと自然に袖を通してしまっているのがこのRaphaの"Lightweight Jerjey"
メリノウール混紡なのですが、定番生地よりも薄くなっており日本の蒸し暑い気候にはピッタリです。
着心地が柔らかく、肌触りもよいので汗をかいた時のストレスも少ないです。



特徴はその生地だけでなくバックポケットにもあり、良く有る3ポケットにプラス...ではなく、パッとみ2ポケット、しかしセンターに縦方向にあわせられたジッパー。
これを開くと左右に広がる大きくとられたポケット。
ウインドジャケットなんかもとても効率よく収納することが出来ます。
また右サイドに備えられた小さなポケットは鍵等の細々したものを収納するのにとても便利です。(僕は小銭をそのまま入れてしまう事も多々あります。笑)

去年の夏もおおいに活躍してくれたこの"Lightweight Jersey"ですが、今シーズンは更にその上の快適性を求めた"Super Lightweight Jersey"なるものがリリースされています。


Rapha
Super Lightweight Jersey  ¥15000
Color : Light Blue , Red , White


Raphaの定番ファブリックのメリノウールは使用せず、こちらはポリエステル100%

メインファブリックは高い速乾性をもたせ、さらに防臭処理をし、汗の匂いを押さえることができるものになっています。

首もと、袖口は汗のべとつきを防ぐ、サラッとした質感に。
そしてそれがデザインのアクセントになっています。


サイドパネルは更に快適性を高める為にメッシュ構造になっています。


そしてバックポケットにも工夫が。
センター部分は真夏のひどく暑い日に必要となってくるであろう3本目のボトルを入れる事を想定して十分な強度を持って作られています。

でもやっぱり目を引くのはカラーリング、どのカラーも単純に『かっこいい!』と思わせてくれるもの。

個人的には"Red x Cream"のカラーリングに心引き寄せられ、また"Super"がもたらす快適さとは、どんなもんだと試してみたい!とは思ってはいたのですが...

僕の心をより強く突き動かすアイテムが...


Rapha
Circle of Death Jersey ¥20000

今年のツールドフランス(もうすぐですね!)第16ステージで多くの選手達が苦しむであろう、ピレネーの4つの峠、オービスク、アスパン、ペイルスルド、そしてツールマレ。
この4つの峠をつなぐ死のルート、通称"Circle of Death"を祝うスペシャルジャージ。

そしてデザインのモチーフとなるのは、ライダーが苦しみながら登るピレネーを、悠々自適に飛び回る"ヒゲワシ”

襟裏、袖口の模様は"ヒゲワシ"の羽をイメージしたもの。
よく見ると首周りには同じようなステッチが施されています。

また襟には峠の名前と標高が記されています。

そしてボックポケットにはあまり見る事の無いかわいいボタンが2つ。
これ、"ヒゲワシ"の目をイメージしているとのこと。

今までにない斬新なデザインが目を引きます。

生地はメリノウールをふんだんに使ったもの。
サイズは"Classic Jersey"や"Club Jersey"よりも少しタイトになっております。


「登るの好きです。」
なんて事をちょいちょい口に出している僕がこれを逃すわけにはいきません。
去年は"Galibier Jersey"を買い逃してしまいましたからね。


ついでといっちゃなんですが、みなさんお待ちかね、Rapha Bidonも入荷しましたよ!
Rapha Bidon
Small / 610ml  ¥1500
Large / 710ml  ¥1800

CAMELBAK製のセルフシーリングロックバルブ。
カチッ、シュボッ!です。

中のドリンクが漏れる事も無く、水分補給がスピーディーに行えます。



さて、明日はこれを着て、西か東かどちらに向うとしましょうか...
もちろん登ります。


yanakku


★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで



???ブログのタイトルは?

ってなった人は下の僕の見苦しい姿をご覧下さい。
ご興味があれば...



先日のCRC、新舞子での練習後の一枚。

トータルコーディネイト。
もちろん計算して買いましたよ、アイス。
当然です...
Bike Wear! | permalink | - | -

Cafe du Cycliste



 Cafe du Cycliste。

一人のアスリートと、一人の元カヌー世界チャンピオンが立ち上げたサイクルアパレルブランド、しかし、その名の通り、サイクリストの為のカフェをオープンしているのも事実。

いろいろなサイクリスト達が集える場所を築き、そしてそういったサイクリスト達があらゆるシチュエーションで着る事のできる上質なウェアをリリースしているのが"Cafe du Cycliste"なのです。

フランスのリエビラ地方という、地中海沿岸の、とても美しい自然に恵まれたで街には、自転車に乗る事が好きな人、それは日々の生活の一部として乗る人もいれば週末にサイクリングやツーリングに出かける人、そしてレースに参加する人など様々なサイクリストがいるのでしょう。

そのような人の為に作られたCafe  du Cyclisteのアイテムは、レーシングスタイルを基本とした高機能な素材、テクニカルなデザインを持ち合わせつつ、カジュアルなそのスタイルはレーサーだけではなくあらゆるサイクリストが好んで着たいと思えるものに仕上がっています。

それらはPerformance series、Urban seriesと2つのラインでわけられています。

Performance seriesはCafe du cyclisteの中でもハイパフォーマンスなシリーズ。
より機能的でいわゆるサイクルジャージと呼べるアイテムがラインナップされています。



T-シャツと同じような織りの天竺生地になりますがポリエステル100%の吸水速乾性に優れた高機能素材。

よくあるジャージ生地とは質感が異なり、落ち着いた、上品なカジュアルウェアの雰囲気を醸し出しています。


肩から肩甲骨、脇にかけてメッシュ地になっており高い通気性を確保しています。
よく見てもらうとステッチの色にもこだわりがみえてきます。



こちらは同モデルのレディースです。
Cafe du Cycliste / Performance series
Suzanne Jersey Womens ¥15750
COLOR : Blue , White

パターンがメンズとは少々異なる箇所が幾つかありますが、ポイントは袖口裏の赤いギンガムチェック。

こうしてロールアップしてみるのもよいですね。




Cafe du Cycliste / Performance series

Henriette Jersey S/S ¥13650
COLOR : Grey , Burgundy
Henriette Jersey Womens S/S ¥13650
C0LOR : Burgundy


こちらもPerformance seriesのものになりますが"Suzanne Jersey"に比べると少しゆとりのあるシルエット。
スタンドカラーのポロシャツにバックポケットが付いて...生地もポロシャツのような鹿の子織りになりますがこちらも"Suzanne Jersey"同様にポリエステル100%のものになっており吸水速乾性の高いものになっています。

センターのバックポケットのステッチ上にはリフレクター素材のテープが縫い付けてあります。


そしてこんなベストもリリースされています。
Cafe du Cycliste / Performance series
Madeleine Vest ¥12600
COLOR : Blue

撥水性、防風性を持つ素材、背面部分はメッシュ地になっており通気性も確保していますし、メッシュ地下部はジャージのバックポケットにそのまま手が入るよう縫い付けがされていません。

しかし特徴的なのはウエスト上部に縫い付けられたゴム。
シルエットがスッキリとし、こういったものにありがちな風の影響も極力抑えられるようなっています。



100gという軽く薄手のものなので、ぎゅっと畳んでしまえばジャージのバックポケットにも無理無く入れる事ができます。



そしてUrban series。
カジュアルに、そして快適に日常の中で自転車に乗る人たちの為のアイテムです。

Cafe du Cycliste / Urban series
Simone Jersey S/S 

こちらはカラーにより素材が異なり、価格にも違いがあります。
COLOR : 
Blue ¥15750
Grey ¥16800

Blueの生地はナイロン57%とメリノウール43%、Greyのものはメリノウール67%とポリエステル33%となっています。

どちらが『こう』、とは言えませんがBlueのほうがより軽く涼しげな印象受け、Greyはメリノウールの質感が強く、より吸水性に富んでいる印象を受けます。
バックポケットはセンターから右側に2つ並んでおり、右端にはボタンとちょっとした留め飾りが施されています。

そしてUrban seriesにはパンツもラインナップされています。


生地は伸縮性に富んだ軽くて薄い涼しげなものです。
コットンをメイン素材としており質感も良く、更に撥水性と透湿性という機能面も持ち合わせています。
裾はダブルの仕上げになっており、右側バックポケットはフラップが見える箇所とその上にもう一つ備えられています。

そしてその上部のポケットにはリフレクターのフラップが隠されており下部ポケットのボタンで留められるようになっています。

まだまだ伝えきれない事が多くありますが、まずは一度実物を見に来てみては。


東海地方も梅雨入りしてしまいましたが、明日の日曜日は自転車日和のよう。

Cafe du Cyclisteを身にまとい、地中海、とはいかないまでも海まで自転車を走らせて、汗をかき、潮風を浴びるなんてのもいいのではないでしょうか?


まだ入荷したてのアイテムですが、何かを期待させらるラインナップ、一度手に取ってみて下さい、ドキドキと胸が高まるのを感じられると思いますよ。


yanakku

★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで
Bike Wear! | permalink | - | -

夏だがね!

 
夏だがねっ!
ってくらい暑い日が続く今日この頃、本日の最高気温は29℃ですって。
そんな陽気にもかかわらず、まだショートパンツ穿くもんか!
と、仕事の日はかたくなに拒み続ける僕ですが、休日はやっぱりショートパンツ。

もちろんお客さんの心も夏気分、パンツを探している人の大半はショートパンツ目当て。

ということで、今回は数ある短パンの中からSWRVEの2モデルをご紹介です。


まずはこちら!
あ、これはCirclesのエース"shige"のワンショット。
そう、この写真で穿いてるパンツが今回オススメするうちの1本です。

アーバンサイクリングウェアを作るSWRVEですが、山でもガンガンいけちゃうショートパンツもリリースされているのです。


SWRVE
Lightweight wwr Shorts(blk_l)  ¥12600
COLOR : Olive , Prussian Blue

wwrというのは"water and wind repellant"、つまり撥水、防風性を備えていますってこと。

もちろん伸縮性も高く、リップストップ素材で高い耐久性を持った生地です。

また"Lightweight"とあるように軽くて薄手の生地は、これからの暑い季節に活躍する事間違い無し!
ゆとりのあるシルエットなので自転車こいでても自然と風が吹き込んできて通気性も抜群、たぶんSWRVEの中で一番軽くて楽なパンツではないでしょうか。

ちなみに、shigeくんこれを2本も持ってます。


そしてもう1本オススメが!
SWRVE
Cotton Shorts ¥10500

スキニーってわけではないんですがキレイめストレート、腰回りがちょっと細めで"Lightweight wwr Shorts"と比べるとその差は歴然。

ちなみに、どちらも身長170cm体重63kgの僕が30inchを穿いていますが、正直Cotton Shortsの30inchはギリギリで、32inchのほうが良いのかもと思っております。

お客さんも今まで穿いていたSWRVEのサイズより一つ上のサイズを選ぶ方も多いですよ。

コットンとはいっておりますが、コットンがメイン素材ってだけでよく伸びるストレッチ生地、細身のラインですが自転車乗るのもラクチンです。

色味も豊富で全4色。
右から
Black , Slate Blue , Dark Grey , Brown

僕のオススメは写真でも穿いてるSlate Blue、なんかその土臭さがたまりません。

そして、割と短めの丈が好きな僕は、ロールアップして穿くのもオススメです。
ま、好みもありますけどね。


そして、以前のブログ"TwinSix DARK"の中で、
『swrveのwool jersey S/Sの黒を着ていたら...。』
のくだりがあったのですが、そのSWRVEのWool Jerseyと合わせてみるとこんな感じ。

...

ポロシャツだけじゃなく、シャツなんかも合わせたくなるキレイめシルエットです。

ちなみにこのポロシャツが気になる方はこちら"merino wool"こちらご覧下さい。

冒頭の寧比曽に行った時にもこのポロを着ていったのですがとても調子良かったです。

これ着て転んだら嫌だなぁ、って思ってはいましたが、
案の定転びました、2回も。
破れちゃいないかヒヤヒヤでしたが、
たいしたダメージも受けておらず一安心、事なきを得ました。

まあまあ兎にも角にも暑いって話。


ショートパンツをお探しの方はお試しあれって事で、失礼致します。

yanakku





Bike Wear! | permalink | - | -

Twin Six DARK

先週末は天気も良く、イベントも目白押し、CRCの面々は平田クリテへ参戦、王滝に行ってきます!なんてお客さんもパラパラ、野外フェスに自走で行って楽しんできちゃってる面々もいたりと、自転車乗りには最高の週末だったのではないでしょうか。

自転車乗ってて、気持ちいいな〜!楽しいな〜!なんて思うと今度は何時、何処へ行こう!って思うのは必然ですが、今度は何を着ようって思えてくるのも必然...です!

こうも暑くなってくると替えもたくさん欲しくもなってくるっとことで...
TwinSixから続々とサイクルジャージ、T-シャツが新入荷、再入荷してきておりますのでご紹介。


まずは今回の目玉!


こちらはモノクロ写真ではなく、"Twin Six DARK"と呼ばれるちょっとした限定もの。

"Get in, get yours, get out, and keep your pie hole shut. Darkness is enlightening, and silence is deafening."

暗闇では何かを強く感じる事ができ、より深く考え、何かを得る事ができる、そしてそれを皆に伝えよう、そんなニュアンスでよいのでしょうか?
なんとなくそんな感じだと勝手に思ってはいますが、違うだろ!って意見があればご教授を。

どれも今年リリースされているモデル、モノトーンになるだけでグッと渋くなります、やっぱり黒って色は単純にかっこいいですね!

先日、swrveのwool jersey S/Sの黒を着ていたらやたらといろんな人に誉められたので調子に乗ってどれか買っちゃおうかななんて模索中。

そしてこのシリーズとは別の新入荷モデルもあるのでそちらのチェックも忘れずに!


そして今回もジャージ素材を使ったTechCapも入荷です。

前回紹介したものはランダムに生地を合わせた一点ものでしたが、今回はきっちり正規モデルとしてリリースされたキャップです。


前回同様これとこれを合わせて、なんて感じでやってみるとこんな感じに...
やっぱりね、かっこいいですね!


そして夏の必需品、プリントTーシャツもどっさり入荷しております。
既に着替えようにもう一着、なんて持ち歩いている人も多いのでは?

こちらは新入荷もの。

SPEEDY BIKE ...はカレッジT-シャツ好きな人にはたまらないのでは?

その他も補充されています!

プリントもさることながら、アメリカンアパレルのボディーのクオリティの高さも魅力の一つ、こちらのチェックもお忘れなく!

あ、もちろんサイクルジャージも補充されているモデルありますので宜しくです!

yanakku









Bike Wear! | permalink | - | -

Twin Six

 
日が昇るのも早くなり、自然と起きる時間も早くなるってのもありますが、最近ちょこちょこと、出勤前に軽く走りに行ったりしているのです。

休みの日やCRCである程度決まった日に走りに行くってなるとサイクルジャージも程よく着回せるのですが以前より頻繁に着るようになると必要に...というか、単純に物欲が湧いてくるってもんです。

で、何を買おうってなった時、TwinSixなんかはT-シャツ感覚で気軽に着れるデザインでバリエーションの一つに加えるのにもってこい!

カジュアルなデザインは初めてサイクルジャージを着ようかな、なんて人にもお薦めですし、通勤通学といろんなシュチュエーションで活躍する事間違い無しです。


そんなTwinSix、Circlesでは毎シーズン楽しみにしてくれているお客さんも多いブランドですが、ここいらで軽〜くおさらいです。

TwinSixはアメリカはミネソタ州、ミネアポリスを拠点とするサイクルウェアブランド。
"Alternative Cycling Apparel"を掲げ、熱狂的なサイクリストの二人が自転車やそれにつながりのあるものに影響され、デザイン一つ一つに意志を込め、他のブランドにはないオリジナリティー溢れるウェアをリリースしてくれています。

そんなTwinSixからいろいろと入荷してきていますのでご紹介。

そんな中僕が狙っているのは手前、ホワイトベースの"The Grand Prix"というモデル。
グランプリってありますが優勝とかそんなのではなく、日の出や夕焼けなんかをかんじ自転車に乗っている時はいつでも特別な素敵な時間なんだってこと。
多分そんなメッセージを込めて作られたモデル。

なんだかやけに爽やかなジャージですが僕はこいつがお気に入りです。


で、今回はこんなキャップが入荷しています。

ジャージで使われた生地をランダムに合わせた一点もののキャップ。
もちろん暑くなるこれからの季節には最適です。

これをジャージと合わせてみるとこんな感じに
ジャージとキャップが対になるわけではないのですが単体でみても十二分にイカしたキャップです。


もちろんレディースサイクルジャージもありますよ!

やっぱりかわいいです。
もっとこんなジャージを着る女子が増えてくれるといいな〜って思います。

そしてソックスも入荷してきています。
TwinSix
Socks ¥1260

COOLMAXを使用した軽くて通気性抜群ソックス。
ジャージ、キャップに負けず劣らずこちらも洒落ております。


そして忘れちゃいけないのがこれからの季節欠かす事のできない普遍的なアイテム。

Velocity Tourなんて名もちらほら聞こえ始め、そろそろトラックなんかいいんでないすかね。
そしてSSJの興奮冷めやらぬ今日この頃、ダートなギャングのBoneshakerもかっこ良しです。

そして今回載せたジャージもT-シャツもほんの一部。
詳しく知りたい人はWebshopも覗いて下さい!


yanakku


★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで
Bike Wear! | permalink | - | -

PISSEI 2012 Spring&Summer Exhibition

 

Rapha 2012 Spring&Summer Exhibitionも昨日をもって無事終了いたしました。
ご来店頂いた皆様、ありがとうございました。

さて、Raphaに続き、今週金曜日からは新しく取り扱いを始めるPISSEIの予約受注会を開催致します。


PISSEI 2012 Spring&Summer Exhibition

Date : 3/30(fri)~4/2(tues)
Place : Circles 2F Tailoerd


PISSEIはTEAM NIPPOをはじめ、多くのチームウェアを手がけるイタリアのサイクルウェアブランド。
そのクオリティの高さもさることながら、やはり目を引くのはデザイン性の高さ。

トーレードマークとなる"イタリアン・ハート"のロゴをポイントに、
シンプルながらインパクトのあるデザインが特徴です。

アイテム数はそれほど多くはないですがベースレイヤー、アクセサリー関係までトータルでラインナップされていてどのアイテムも目を引くものばかりです。
その中にはこれは!と思えるアイデアが詰まったアイテムもリリースされています。

東海圏では初、まだまだ取り扱い店の少ないブランドでもありますので今まで実物を見たくても見れなかった方も多いのでは?

今シーズンラインナップされる商品はほぼ全て揃いますので気になっていた方も、今回初めて知った方も一度手に取り、試着してみて頂ければと思います。

その他のブランドも春物が本格的にスタートしています。

お誘い合わせの上ご来店下さい、
お待ちしております。


yanakku


※ちなみにうちのタカくんは『やばいっすね〜!』を連呼しておりました(笑)




Bike Wear! | permalink | - | -

ccpから春のお便り?


 なんすかね、最近のこの天気、なんだかんだでまだまだ寒いし晴れだって言ってたのに雨降るし、そろそろそんな天気には飽き飽きしてきました、
早くあったかくなってくれ!!!

でも嘆いてばかりじゃダメ、気分だけは上げて行きましょう!

ってことでCCPさんからちょいと前に入荷している、
これからの季節にもってこいのアイテムをご紹介!


CCP
LT-L003 L/S Jersey
¥18900
COLOR:Grey/White , Black/Green

生地はウールとトレシャインというTORAYさんが開発した、ウールに非常に近い繊維を使ったもの。

なんかあったかそうな生地なんじゃ?なんて思ってしまいそうですが実は意外と薄手、軽い着心地です。
しかも素材の特性上、吸湿速乾性にも優れています。

サイクルジャージの様にガッツリ走る時に着るのもよいですし、スエットやカーディガンの様にカジュアルなかんじの着こなしにもバッチリ合いますよ。

ジップは斜めに取り付けられ機能性とファッション性を兼ね備えたデザインになっています。

ま、何が機能的っていうとこうした時にあごや首に干渉づらいですね。

バックポケットも有り、腰が出ない少し長めの丈でピッタリするパターンになっていたりと生地だけじゃない、サイクルウェアとしての機能性の高いアイテムになっています。

ちなみにナイロン系のアウターシェルと合わせて使えば今日みたいな寒い日にももってこいですよ。

個人的になオススメはやっぱりGrey/White!
やっぱり気分的に春らしいカラーが気になります、てのは建前で単純にこの色合わせが好きなだけ。


この他にも新作春物が続々入荷していますので順次ご報告していきますので宜しくです!
   

yanakku

Rapha 2012 Spring&Summer Exhibitionも明日まで催していますのでそちらもどうぞ!




Bike Wear! | permalink | - | -

Rapha 2012 Spring&Summer Exhibition

 
 3月21日、本日の名古屋の最高気温は10℃の予報、しかしながら陽射しは暖かく春を感じさせてくれるものになって参りました。

既に店頭には春夏の新作が続々と入荷してきておりますが、Raphaも例外ではありません。
Rapha
Wind Jacket / ¥26000
 Light Blue
Country Jersey / ¥17000
 Blue / Italy
 Red / Great Britain
 Green / Ireland

全て新色となっており、どれも春らしい鮮やかなカラーリングとなっております。


そしてRaphaは毎シーズン恒例となっております受注会を開催致します。



Rapha 2012 Spring&Summer Exhibition

Date : 3/23(fri) ~ 3/27(tues)
Place : Circles2F Tailored 

今回の展示会では今までと同様に、新商品を手に取り、試着をし注文をして頂けるのはもちろん、先だって入荷している商品をその場で購入して頂く事も可能となっております。

今シーズンのRaphaも、皆様の心をときめかせるアイテムが揃っております。

ぜひ、お誘い合わせの上ご来店下さい。
お待ちしております。

yanakku


Bike Wear! | permalink | - | -

biciclista

 Circlesのウェアのラインナップ、もしかしたらカジュアルウェアばかりだと思っていらっしゃる方も多いかも知れませんよね。

でもね、ちゃんといろいろな国のサイクルウェアブランドも取り扱っているんですよ。
スイスからassos、イギリスのRapha、アメリカからはPearl Izumi USAとTWIN SIX、日本はNARIFURI SPORTといろいろ揃えておりますよ。
でもこのラインナップを見て、おや?と思われた方もいるはず。

自転車といえば必ず出てくる国名、イタリアの名がありませんね。
でもですね、特に避けていたわけじゃないんですよ、
ちゃぁんと考えて時期を見計らっていたのです...たぶん(笑)

というわけで今回はフロム、イタリアのサイクルウェアブランド"biciclista"がCirclesに初のお目見えという事でご紹介です。

biciclistaはイタリア北部にあるクレモナという小さな町で製造されています。
ジャージというとどうしてもレース志向の強いブランドが多いなか、biciclistaは勝つ為だけではなく自転車を楽しむ全ての人に向けてアイテムをリリースしています。
ツーリングに出かけたり、MTBで野山を駆け回ったり、海岸線の海を眺めながらロードで気持ちよく走ったり、もちろんレースでも、いろんな楽しむ方法ありますからね。

そんな"楽しむ"という気持ちはデザインにも表れています、てか絶対に楽しみながら作ってますよ、これ。
Circlesでは人気の定番ラインナップのTWIN SIXや昨年登場のニューカマーNARIFURI SPORTともまた違った雰囲気を醸し出しています。
デザインといってもやはり作り手が違えばその顔も違います。

で、どんな顔をしてるかっていうとこんな方々。

こ、これは、あ、あれですね、火星の民!
ビビビ〜〜!
てやられたらたちまち骨だけになって朽ち果ててしまいます。
こわやこわや。


まぁパロディってやつですね。笑
"MA◯Z"ではなく"LOBOS"となっておりますがこれは"LOS LOBOS"というまだ新しいイタリアの自転車乗ってなんでも楽しもうぜ!的な、近いとこでいえば"NUTS!"みたいな感じの集まりの名称です。

"NICE RACE,WE'LL TAKE IT!"なんて言っておきながら背中には
レース中、後ろを走ってるひとに向けて、
"DOBBIAMO CANCELLARLI"、お前達を排除する!

ま、僕はそんなの背中背負いながら走りたくないですけどね。
でも、欲しい...


続いてはこちら。

打って変わってこちらはレトロモダン?な、その名の通り70'Sを意識したお洒落モデル。
どうやら世代的にその頃が青春時代だったようです。

これが意外にもCirclesスタッフに好評!?
でも自分で着るわけじゃなく誰に似合うとか着て欲しいとかそんな感じのようです。
そういうことね、と納得。


どんどんいきましょう!

なんだかこちらも不思議な、独特な世界観のデザイン。
自転車が自分にとっての宇宙の中心ならば...的なもので、
ORME.TVという自転車をこよなく愛するアーティストとのコラボレーションモデル。

ちなみにこの"ORME.TV"と"LOS LOBOS"の名はけっこう他のジャージにもついています。


こちらもそう。

29ERを愛する人は是非!
でも普通にかっこいいです。
タイヤのサイズは気にせずに、かっこいいと思ったら是非!
でもジャージと体のサイズは気にしましょうね!笑



で、これがスタッフ内で一番人気!そして着たいとの声が高いモデル!
そりゃぁね、POEWR BEE...ですもんね。

背中にも瓶が常備されています!笑


こちらはちょっとレーシーなデザインです。

こちらはbiciclistaとLOS LOBOSの、クラシックレースの一つベルギーの"ロンド・ファン・フラーンデレン"一般参加レース用の記念モデル。胸にはベルギーを思わせるライオンの紋章が。
かっちょいいです!

こちらのみレーサーカットとなっておりシルエットもよりタイトになり、しかもライディングポジションをとり易い独自のパターンを仕様したものです。
着てみるとこんな感じ...
にはなれんでしょうな、僕では。




ではでは続いてレディースをご紹介。


小花柄がホワイトとブラックの二色。
花柄好きな僕としては外せないところ、どうせだったらメンズでもリリースして欲しいくらいです。


もう一つ、こちらも花柄。

花柄といってもこちらはちょっとリアルなタッチのもの。
デザインはこちらもORME.TVのもの。

そしてお揃いのスカートもあります。
biciclista
ISADORA WOMEN'S CYCLING SKIRT
¥8190

セットアップで合わせるもいいですし、スカートだけワンポイントに使ってみるのもいいのでは!

そしてこちらは無地の真っ黒。
biciclista
WOMEN'S CYCLING SKIRT
¥8190

やっぱりブラックは使い勝手抜群、なんにでも合わせれますね!

今まであまりこういったアイテムが店頭に並んでいませんでしたがこれから少しづつ充実ささえていこうと思っていますのでよろしくお願いします。



そうそう忘れちゃいけません。じつは少量ですが長袖も入荷してます。



もう長袖は...なんて言わずにどうですか?
まだまだ着れますよ!


どうですbiciclista、なかなかいけてません?


そしてこの春、イタリアからの使者がなんともう一ブランド。
biciclistaとはまた違った、
まさにイタリア伊達男!
ハートのマークがトレードマーク!
こちらがお目見え致しますので乞うご期待!



yanakku


★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで
Bike Wear! | permalink | - | -
circles_jpをフォローしましょう